Author: uwsto

【JOSÉ#4〜サルサの日〜スペシャールInterview 2】

2019 JOSÉvol.4 出演者スペシャルインタビュー企画 大儀見元 (from swingoza+) 本日は、JOSÉ第一回目から出演してくださっている、日本を代表するラテンパーカッションニスト大儀見元さんをお呼びして、最近始動したばかりの世界最小編成サルサオーケストラ 大注目の“swingoza +”(スウィンゴサ・マス) 誕生から今後の活動についてお話を伺いたいと思います。 ————-早速ですが”swingoza +”ができた経緯について教えてください 大儀見:小編成にせざるを得なかったという状況もあるんだけど、そもそもは、中島徹君(piano)とデュオをやる機会があった時に「これはいけるな」という手応えを感じて。澤田さん(bass)とか徹さん、中路(trombone)にコーラスをやってもらったら、4人でどうにかなるかなと。…初めは、フルートがサウンドの中にあったのですが、適任の人が見つからなくて4人でスタートさせてしまいました。 ————サルサオーケストラを4人で演奏するに当たり、皆さん1人で何役かこなされてると思うのですが、大変ではないのですか? それからどう役割を決めているのでしょうか。 大儀見:特に大変ではなかったかな。メンバーのポテンシャルが素晴らしいので。 僕の話でいうと、ギロとかマラカスとか、小物をやってくれる人がいると断然楽なのですが、あえてパーカッション一人で、これ以上の無駄はない形というか。 ————ティンバレスとコンガとボンゴの役割を、大儀見さんが一人で担っているのでしょうか 大儀見:ボンゴは、ほとんどもう存在していないです。ボンゴは途中カウベルを叩くんですけど、そのカウベルを僕が足で踏んで、コンガとかシンバルは、場面に応じて自分のサウンドのイメージで叩いています。ポップスのツアーや、ジャズのトリオとかで、ドラムがいない時にやる僕のセッティングがあるのですが、その感じでswingoza+にも組んでます。たくさんの現場に触れることで、いろんな表現が前より自由に盛り込めるようになっていると思います。 ———他のメンバーの皆さんはいかがですか? 大儀見:中路さん(trombone)は、やっぱり楽器のポジション上、セクションあるいはソロを吹いていない時は手ぶらになるので、小物をやれる人はもう中路さんしかいなくて。もともと彼はギロとか、すごい上手なのは知っていたので、今回は、カウベルにも挑戦してもらってます。 澤田さんは、今までSalsa Swingozaで、あるいはオルケスタ・デ・ラ・ルスでもプレイしてたのですが、ピアノとかベースは、割と手が埋まっちゃってるんで、ベースを弾きながらコーラスに挑戦してもらってます。 ———澤田さんのシェケレ姿を見られたのも、衝撃的だんたんですが。 大儀見:そう。澤田くんは、シェケレを自分で作れちゃうんですけど、 ———え!? 大儀見:あれ、ひょうたんを全部自分で買ってきて、1からで作ってるんです。 ———えええ!すごいですね!なるほど、通りで納得の演奏ですね。 大儀見:彼は手先器用です。シェケレ大好きなんです。 ————-ベース&シェケレは、なかなかないコンビネーション。澤田さん的には今回はテンションが上がる挑戦だったのでしょうか(笑) 大儀見:そうですね、シェケレが登場する場面がちょいちょいあるんで、きっと彼は嬉しいはずです(笑)あと、コーラスをやることに、何の抵抗もなく挑戦してくれているのが、嬉しいですね。 ———そしてなんといっても、中島さんが●●●●を… 大儀見:それはまあ、ちょっと飛び道具ネタ的なアレンジなんですけど、さすがにそのピアノがいなくなっちゃうと、もうそれで片足脱げちゃっているような状態なので…だから本当にここ!っていう一番美味しいところで、ピアノの中島さんが!?・・・・・・という出しどころを考えました。 ————-JOSE vol.4 でも、やっていただけるのでしょうか? 大儀見:はい!もちろんです。簡単ではないですけど、お客さんを沸かせられるようなパフォーマンスができるのは、やっぱり彼しかいないんじゃないかと。やっぱり、先日のLIVEに来てくれたお客さまもすごく沸いていました。拍手喝采です。 —————–他の楽器をさらっとできてしまうミュージシャンの方。あれはカッコ良すぎます。ところで”Swingoza+”の初ライブは、何回くらいリハーサルされたのですか? 大儀見:リハは、4日間やりましたね。 ——————たったの4日間! 大儀見:今までSALSA SWINGOZAでやっていた曲も半分ぐらいあるので、それを最小編成に直していく作業ですね。

【JOSÉ#4〜サルサの日〜スペシャールInterview 1】

JOSE vol.4 インタビューDANCER “KOTA( REAL SHIT)” 本日は、アンダーグラウンドとオーバーグラウンドの二つの世界で、縦横無地に踊り倒すHIPHOPダンスシーンには、欠かせない KOTA( REAL SHIT)さんをお呼びしてJOSE 出演者 スペシャルインタビューさせていただきます。 ——早速ですが、ダンスを始めたきっかけを教えてください KOTA:ダンスを始めたきっかけはマイケル・ジャクソンです! 親父が教員で、運動会かなにかの教材で、マイケルのビデオとかを持っていたんです。小4くらいの時期に、”THRILLER”とか”BAD”に出会って、感動して真似して踊るようになったのがきっかけです。 ——KOTAさんのダンスシルエットにどことなく、マイケルを感じます(笑) KOTA:角度とか好きだし、ダンスも好きだけど、ビデオとかすごいじゃないですか、壮大さというか。ゾンビが踊るとか、街で不良がいきなり踊りだすとか、そういうのが衝撃で(笑) ————-(笑)そのエンターテイメント性にも惹かれたのですか? KOTA:そういうの好きなんですよ。スキルオンリーというよりは、エンターテイメント性も凄く大切。 ————-実際にダンスを本格的に習い始めたのは? KOTA:本格的に始めたのは高校卒業してから。それまで真剣にサッカーをやっていたから、ダンスは文化祭で踊るくらい。あとは周りにHIPHOPを聞いてる人たちが多くて、ZOOとかダンス甲子園とかが始まって、そこから真似してやってみたけど、サッカーを諦めてから、本気でダンスをやろうと思って、幼馴染の連中とチーム結成しました。 ———-サッカーの道を諦めた後、すぐにダンスの道へ?すでに好きだったのですか?? KOTA:全然好き!このまま大学に行って、なんとなくやるよりは、好きなことやった方がいいなと思って。予備校とかも行ってたんだけど、辞めて、親にダンスを本気でやりたいと、お願いしますって。 —————ご両親はどういう反応だったのですか? KOTA:最初はめっちゃ反対してた。 イメージ悪いじゃないですか。昔の時代なんて、不良になるか、サーファーとかチーマーとか、ダンサーになるか、悪い人たちばっかりだし、夜のイメージが強かった。だけど、サッカーをやってたから、プロ意識をしっかりダンスに変換して考えるということで、とりあえず練習でしょ!と。地道に地元でやっていました。 ————確か、地元は横浜方面ですよね KOTA:そうそう。周りのHIPHOP好きが集まってきて、じゃあ地元でやろうかみたいな。 ————最初からHIPHOPだったのですか? KOTA:そうだね。俺らの場合は、音楽も好きだったから。 ———-ちなみに、その当時好きだったアーティストは? KOTA:東と西ぐらいしかわからなくて、SNOOPとかDR.DREとか2PACとかそういう本当に代表的なアーティストだった。横浜は結構WEST SIDE色強くて、NYになってくるとBIGGIEとかNASとかMOBB DEEPとか本当にコテコテなのばっかり聞いてた。(特に)BIGGIEとか。 —————–私もその辺りは大変お世話になりました♡ KOTA:何も分からず、そういう音楽で踊ってました。いろんな出会いがあって、色々教わって理解してきたけど、やっぱりこの踊りを見せたい!と思って、チームを組んでイベントに出るようになって。 ———-その当時どんなイベントに出演されていたのですか KOTA:クラブCHITTA川崎で、その当時”青山ナイト”とか”スモーキンガレージ”というダンサーの登竜門みたいなイベントがあったので、そういうのに行ったりとか、横浜の方のイベントに出演させてもらったり。 ——その時からREAL SHITとして活動を?

JOSÉ (ホセ) vol.4~サルサの日~ 2019. 3/3(sun) 

JOSÉ (ホセ) vol.4~サルサの日~ 2019. 3/3(sun) 

いつの日からか3月3日はSALSAの日。幻か現実かわからなくなるほど欲しくなる。サルサほど、熱狂と呆然、熱い歓声が湧き起こる音楽はないのだから”JAPAN ORGANIC SALSA EROTICA”=José(ホセ)へようこそ ◾️open 18:00 (17:45~ スペシャルsexyシントゥーラ&いやらしいスペイン語講座) close 23:30 ◾️料金  前売り 大人 3300円(1d別途)  当日 大人 3800円(1d 別途) *5才未満無料 小学生は半額 (お金はないが、どうしても参加したいアミーゴはご相談制度あり ) ◾️場所 UNDER DEER LOUNGE(渋谷) ◾️【お申し込み /問い合わせ】https://form.run/@Jose  

2019.2/15&2/21 スペシャル企画 ヨルバ・ルクミ (santeria)唄のクラス

2019.2/15&2/21 スペシャル企画 ヨルバ・ルクミ (santeria)唄のクラス

ゲスト講師:Alayn Hernández a.k.a Chinoを迎えてLUKUMIにいてのミニトーク&YorubaとLUKUMIの唄1.5H のクラス開催決定!通訳に、日本語スピーチ大会に向けて猛勉強するキューバ出身のスーパールーキー。Milay Castillo(from cuba)さんに来ていただきます。 ◾️2/15(thu) 20:00~22:30(20:00 OPEN)  OCHUN / YEMAYA(唄)◾️2/21(fri) 20:00~22:30(20:00 OPEN) OYA/ BABALUAYE(唄) 【Alayn Hernández  通称 CHINO 】1976 年 キューバ・ハバナを生まれ 。santeros(サンテリアの信者) や paleros(パロモンテの信者)の多くいる宗教活動が盛んな地域Luyanó “に生まれる。幼い頃から、ストリートでアフロキューバン音楽を学ぶ。La havana Guisoに深く影響され、信仰を深め、88年Guirosのcheckeredを学ぶ。90年に tambor de fundamentoを取得。その後4年間兵役を務め、94年 la compañía gaviotaにミュージシャンとして参加。01年セントロハバナに在地するRaíces profundas 、Compañía J Jや99年には La comparsa los guaracheros de

間所直哉 (from Romantic babalú)マニアックトーク〜アフロキューバン編〜

間所直哉 (from Romantic babalú)マニアックトーク〜アフロキューバン編〜

2019.2/19(tue)open 20:00 close 22:30 @STRIPES 代々木 Entrance 1000yen 10年ぶりにキューバ訪問となったパーカッション二スト間所直哉氏によるマニアックなアフロキューバントークを堪能する会 1st 20:15~2019 キューバ旅行記 2nd 21:15~アカデミックからcalleスタイルへ □参加対象者 アフロキューバンに興味がある方、キューバへ行きご検討中の方、間所直哉の呟やきを聞きたい方