【JOSÉ#3〜サルサの日〜スペシャールInterview 5】

ゲスト: 8ml(from VIBE PAK)
インタビュアー: ダーリン.saeko
協力: キャッツアイ/JUNCO

JOSÉとしては、今回初めてとなるVJチーム!VIBEPAKからDJのFKD氏と8mlことVJのMASANAO氏。ダンス出身者ならではの視点が光る噂のキャツラにインタビューさせていただきました♡

Q.早速ですが、お二人の自己紹介をお願いします

FKD「DJのFKDとVJのMASANAOといいます。VIBEPAKというゆとり世代クリエイティブ集団に所属していて、音楽とかダンス、アートワークとか、自分たちのライフスタイルを撮る映像など、自分たち世代のカルチャーを作りたいと思って始めたクルーです。」

Q.えっ!ゆとり世代以外は入れないのですか!?(笑)

FKD「とりあえずゆとり世代で始めたからなんですけど(笑)まぁ、そもそも、VIBEPAKを始めた理由が、同世代でいろいろ面白いことしている人たちがいるのに、個々でしか活動してないというのがあったから、ぐるっと固まったら、それぞれのファンが、それぞれのファンになるじゃないけど、共通の要素からいろんな人たちが集まってくる集合体になれたらなと思って。それで、自分たちの同じ世代で、好きなものが近い仲間たちで集まれたらなって思ったので(笑)」

Q.オーデイションとかありますか(笑)

FKD「オーディションとかなんもないです(笑)」

Q.スカウトもなし(笑)

FKD「自分たちは、クルーで活動しようというスタンスが第一スタートではなくて、ただ、日常会話のなかで、あの人面白いよね、という会話が出てくる中で、どんな人なんだろ?から始まって仲良くなってくみたいな。
自分たちがしっくりこなかったら、VIBEPAKやろうってならないし、そこらへんは感性に任せたところがあって」

Q.メンバーを誘う時は、みんなで決めるのですか

FKD「いいなって思った人が、みんな共通している人。だからMasanaoとかも、メンバーのmasato(ASCHE)の友人で、映像やってる面白いやつがいるからって、連れてきて、感性も合うし、面白いことやってるし、一緒やろうよって。」

Q.今メンバー何人ぐらいいるのでしょうか

FKD「メンバーは、今11人います」

Q.全員で集まったりはしますか?

FKD「11人が集まることは、なかなかないですね、、。ベトナムにJUNYAがいたり、別でも働きながら活動してるメンバーとか、自分たちのルーツとか居場所がそれぞれで、みんなが集まれるタイミングってそうそうないんですけど。定期的には集まろうって、集まれるメンバーで時間作って遊びがてら集まるみたいな。そういう時に、あの人とか面白そうだよね、みたいな話とか、最近こういうのやってる人たちとかやばくない?っていう情報共有していく感じです」

Q.MASANAOさんは、VIBEPAKに出会ったときの印象は?

Masanao「masatoからVIBEPAKってチームはいったんだって話聞いてて、いつか、何かしら関わりたいなとは、ずっと思っていました。」

Q.それは、どうしてですか?

Masanao「動画を勉強するにつれて、ダンサーで、かっこいい動画を作ってる人がいないなぁと。もし自分がダンスでかっこいい動画をつくるとしたら、この人たちしかいないと、思ってたからです。」

FKD「MASANAOは、もともとダンスやってたので、VIBEPAKとしてのダンスとか、映像、セッションとか、そういう瞬間を目撃してくれていたのとかもありましたね。」

Q.映像はどちらで勉強されたのですか

MASANAO「映像の制作会社入って、そこの業務や、個人でラッパーのPV作ったりとかしてました。」

Q.VIBEPAKのメンバーで共通する感覚、それを形容詞に例えるなら?

Masanao 「”いなたい”じゃないですかね」

FKD「ダサかっこいいみたいな。いなたくてナチュラル。自然体がおもろいなって思う中で、作り込まれすぎてない、ラフさじゃないですけど、なんか、瞬間を切り取ってかっこいいな、とか、この瞬間面白いな〜みたいなものの方が惹かれやすいかなと思いますね。それがダンスで言う所の、ふとした時の仕草じゃないですけど、立ち居振る舞いだったりとか、音楽の聴き方とか、そういったところにぐっとくるというか。」

Q.好きなアーティストを教えてください

Masanao「ずっと好きなのはアルバ・ノトっていう、エレクトロのノイズの人なんですけど。後は、坂本龍一とかすごい好きです。」

—–アルバ・ノトチェックしてみます!

Masanao「エレクトロとかノイズとかって、映像がテクノロジーと一緒に進化していってるんですけど、ストリートカルチャーは、発展がないんで、そこにもうちょっとこっちのニュアンスを持ち込めたらなと。」

Q.どうですかFKDさんは

FKD「今はDJとかbeatmakeをやってるんですけど、もともとダンスやってて、2000年代のUSメインストリームのヒップホップ、ネリーとか、ネプチューンズとか、ティンバーランドとかが全盛期の頃で。そこから、ロスの音楽にすごく興味を持って。*ロウ・エンド・セオリーだったり、ビートミュージックシーンとかに魅力を感じて。そこから90’sとか聴き直して、っていう広がり方をしていったので、自分はUSのノリじゃないけど、そういうところに魅力を感じて。だから、日本の音楽とかを知り始めたのが割と最近な感じです」

*アルバ・ノト
ロサンゼルスを拠点に、ヒップホップとヘヴィーエレクトロニクスをミックスする唯一無二の重低音サウンドで、ビートミュージックシーンを現在進行形で牽引し続けるLA屈指のパーティ

Q.そういえば、日本の中のアーティストさんでいいなと思う人っていますか?

FKD「日本のアーティストいっぱいいい人いると思います。例えば自分はOLIVE OIL氏とかよく聞いていて、、、、あとはバックDJとしても一緒に活動してる906が純粋に良いなって思ってます。日本て、なんていうんだろうな…音楽シーンがすごく発達している印象があって、ビートミュージックとかも。

そもそも人口から考えてもマーケットが小さいから、すごくいいアーティストがいっぱいいても、国内だけだと、リスナーの少なさとか、盛り上がりづらいなって思ってます。受け入れられる数量範囲が小さいのかもしれない。VIBEPAKとかは、日本国内だけの発信に止めたくないなっていうのは思ってて。自分たちの周りに付随する音楽や映像とか、YoutubeとかSNSを使って海外にも発信していったら、面白い相乗効果が生まれるんじゃないかなって。」

Q.同じような活動していている人たちっていますか

Masanao「結構いるっちゃいますよね。」

FKD「最近増えてきてる印象はあります。」

Q.面白いなあと思っているところとか、教えてください

Masanao「今の所いないっすね。」

FKD「そもそも、面白い人たちが集まって何かをしているっていう文化がすごい少ないなって思っていて。”俺らってこういうセンスを持ってるんだよ”とか、”こういうのが好きだって”いうのを押し出してくグループ’とか、先輩にはいると思うんですが、自分たち世代だと、自分たちしかいない気がしていたんです。関わりがあまりない他ジャンルのダンスシーンには、あんまり知見がない部分もあるので、そっちにいるのかもしれないですけど。自分たちが動いて、触発されて、そういうのをやり始める人たちが増えてきて、自己主張が出てきたらカルチャー自体が面白くなるなっていうのを思って始めたところはありますね。」

Q.今、何年目なんですか?

FKD「今で…3年目ですね。」

Q.リーダーはいるんですか?

FKD「VIBEPAKをやろうとして声をかけ始めたのは、もともと自分ですが、特にリーダーをやってる自意識は無くて。

自分はダンサーじゃないから、DJとして、シーンに関わることが多くて。別の側面として、俯瞰してみると、個々で面白いこと、面白い質感を持ってる人たちが、一緒にやっているの見てみたかったっていうのが一番率直なところですね。」

—面白いですね。DJ発信でダンスチームを立ち上げる的な。

FKD「ダンスの人達って、自分で音楽に出会って、自分の知ってる中で音楽選んで、自分の知ってる中で服を選んで、衣装作るにしても自分ですごい考えて、デザイン作って、クリエイティブを全部自分でやれるのがすごい面白いなと思っていて。

でも、それが故に、おざなりになっちゃうところがいっぱいあったりとか、ここまでは出来ないと諦めちゃっている部分があったりとか。もったいない部分があったり。

音楽のプレイヤーだったら、衣装をコーディネートしてくれたり、場所を抑えてくれたり、音を作ってくれたり、プロデューサーがいて、みたいに、例えば、ヴォーカルの人だったら歌に集中できる環境だと思うんですよね。

VIBEPAKとしては、俺らはダンスだけのクルーじゃなくて、音楽や映像、デザイナーの視点とか、アプローチを別視点から投げれると、個々に、本当にやりたいことに集中できるなって。そこまでの環境ができたら、超おもろいなって。本当のみんなの馬力を最大限に活かせるんじゃないかなっていう。

—-それ素敵な夢ですね!!

Q.ところでMASANAOさん、今最も興味があるVJの分野は?

Masanao「今は、とりあえずプログラミングは猛勉強中ですね!」

Q.好きなVJの人とかいるんですか?

Masanao「たぶん、いるんですけど、俺名前をみんな見ない節があって、見て聞いて終わり、みたいな人なんで。たぶんいるんですけど、分からないんですよね、名前。たぶん海外のVJ陣はプログラミングがバチバチなんで。日本の人達も半端ない人たちはいっぱいいるんですよ、ライズマティックスとか。でも、どうしても、海外の人たちの方が、尖ったセンスとビジュアルでプログラミングをしっかり組み込んでるんで。」

Q.日本の特徴ってなんですか?

Masanao「日本の特徴は、やっぱりあれじゃないですか?結局アニメーションが強いんで、アニメ文化の秋葉原発展のような、ビジュアルを組み込んだVJの人たちは、プログラミングとかもうバチバチすごいんですけど、やっぱりそういうのは全然ストリートには汲み取られてないんで。その辺を自分をちょっと担いたいな、とは思いますね。プログラミングやセンサー周りは。」

Q.独学ですか

Masanao「独学です!」

Q.それはすごい!機材ってめちゃ高いですか?

Masanao:PCぐらいですね、あとPCのソフトぐらい。でも高いですね。あと、カメラ!まあ、高いですね笑

—笑

Q.これからやろうとしている人たちにアドバイスとかありますか?

Masanori「映像をやろうと思うと、お金かかっちゃうんですけど、プログラミングだけだったら、あんまりお金かからないんで、先にプログラミングをやっといた方がいいと思います!」

Q.JOSÉでVJをいれるのは、初なのですが、いかがですか?

Masanao「いやなんか、今まで自分のあんまり知らないジャンルなんで、すごいワクワクっすね。」

FKD「普段自分たちがヒップホップだったりとか、クラブミュージックのシーンにいる方が長いので、普段触れない音楽が流れてる空間で、どれだけ自分たちの質感とか自分たちらしさを、Masanaoに落とし込んでもらえるかっていうのも!笑」

Masanao「相当ハードル高いっすね笑」

FKD「そういう意味では、本当にワクワクです!そういうところで、俺らが絡めているところが、本当に面白いですね。」

Q.VIBEPAKとしての今後の活動とかありますか

FKD「今年は、相当動いていきたいなと。それこそ、Masanaoが入ってくれたことによって、もっとクリエイティブに寄れるので、映像とダンスをどう組み合わせたら面白いことができるかなって、また一つ実験しながら動いていきたいと思っていて。それに伴って、絶賛製作中です。映像出すのもそうだし、現場で実際に組み合わせて、空間演出からやれたらおもろいなって思ってます。」

—–ますます楽しみなVIBEPAK&お二人の活躍!!ダンスシーンのみならず、新たな風!を様々なシーンで起こすこと間違いなしですね!今日はお忙しい中インタビューを受けてくださってありがとうございました♡

【VIBEPAK】

https://www.facebook.com/vibepak/

東京を中心に活動するゆとり世代クリエイティブ集団。

各々土俵は違えど個が立つ独自の「良さ」を持ったメンバーが集まり、ダンスだけに留まらず、 日夜音楽/ファッション/スケート 等、カルチャーに関わる実験的な活動を広げている。

Public Recordingという名称で、インターネット媒体での映像配信やトークセッションの発信も行う等、 現在進行形での独自文化の形成にも力を入れている。

【8ml】

https://www.instagram.com/8ml_tokyo/

【FKD】

・Soundcloud

・Diskotek

【JOSÉ#3〜サルサの日〜スペシャールInterview 5】